宮迫博之の焼肉屋はコンサルのカモではなく演出?実は台本アリの可能性も!

宮迫博之とコンサルの画像

宮迫博之さんがコンサルのカモにされているのか否かが話題になっています!

「食い物にされてるでしょ!」「詐欺?」との声も多い一方で、「カモではなくて演出」との声も上がっていて気になるところ・・・

そこで、宮迫博之さんの焼肉屋はコンサルのカモではないと考えられる理由について調べてみました!

宮迫博之の焼肉屋がコンサルのカモと話題!

宮迫博之の画像

宮迫博之さんは2021年1月6日、YouTubeチャンネルにてオープン予定の焼肉屋「牛宮城」について追加資金が3000万ほどかかることを公開!

こんなにも多額の追加費用がかかるのは、次のような理由があるからなんだとか・・・

業者から砂が落ちる壁の塗装や床に凹凸がいたるところにあるなど、さまざまな問題があると指摘され、その工事に「2、3000万円はいっちゃうんじゃないか」と通告された。

出典:Yahooニュース

宮迫博之さんは、貯蓄だけでは資金が足りないため、趣味の高級時計を売却してお金を作ることを決意していました・・・

しかし、SNSでは多くの人が「カモにされているのでは?」「騙されているのでは?」との声が続出!

宮迫博之とコンサルの画像

宮迫博之さんが「時計を売ってお金を作る」と言った瞬間、コンサルの方が上の画像のように笑顔を浮かべたのも疑念を抱かさることとなったようです・・・

内装関係の仕事をする視聴者からも「この金額はおかしいのでは?」「ぼったくるときの常套句に感じる」といった声もあがっていました・・・

宮迫博之の焼肉屋がコンサルのカモではない理由は2つ?

宮迫博之の画像

「コンサルに騙されている」「損切りすべき」との心配の声が多くあがっている宮迫博之さん!

中には「詐欺防止の啓発教材になるくらい」との声も出ているほどです・・・

とはいえ、宮迫博之さんは詐欺被害者ではない、コンサルにカモにされているわけではないとの見方も大きい模様!

その理由は2つあるようです!

理由1:再生数を稼ぐために詐欺を心配させる演出と思われるから

宮迫博之がコンサルに怒られている画像

1点目は、YouTubeの再生数を稼ぐために詐欺やカモを思わせる演出をしているということ!

「詐欺なのでは?」「カモられてる」「ヤバくない?」といった声が多くなればなるほど、どんな動画か気になってYouTubeを見に行ってしまいますよね!

実際に噂を聞きつけて、動画をみてみようか・・・と考える人も出ていているようです!

そう考えると、以下のような胡散臭さも全て台本通りだったのかも・・・と思ってしまいます。

  • 通販のすきやき肉の個体識別番号を調べたら、1年前に屠殺されたくず肉だった
  • 上記を宮迫さんに売った人とコンサルが知り合いで繋がっていた
  • コンサルの友人のトリュフを高く買わされているかもしれない疑惑を指摘する声も出る
  • ローコストと勧められた物件なのに、直前で3000万のリフォームが必要になる

「リアルウシジマくんで怖い・・・」との声が続出していたのも「想定通り」なのかもしれないですよね(怖)

テラハやバチェラー的な台本のあるリアリティーショーと言えるのかも・・・

宮迫博之の画像

仲違いやトラブル、救世主か詐欺まがいかわからないコンサル・・・数々の波乱万丈をアピールすることで、再生数は稼げるし、オープン時の注目もあがりますよね!

緻密な戦略や台本ありの演出の可能性も確かにありそうです!!

炎上商法に近いネタ動画と指摘する人もいるようです!

理由2:騙しているなら動画公開させないはずだから

宮迫博之とコンサルの画像

2点目は、仮に詐欺行為で宮迫さんを食い物にしようとしているなら動画で公開するわけないということ!

「公開詐欺はさすがにしないだろ」「ガチの詐欺なら、裏でわからないようにやるでしょ」との声も多くあがっていました。

確かに、動画のコメント欄でも「詐欺では?」「撤退すべき」といった声も多数!

本気でカモにしようと思っていたら、詐欺との指摘があがるようなことはさせないはず・・・とも言えるかもしれません。

宮迫博之の焼肉屋のコンサルへの世間の声

やはり「胡散くらい」「カモにしてる」と感じる人が多いようです・・・

宮迫さんとコンサルの方との様子を見て「コンサルに頼むだけでなく、自分でも勉強しなければ」との学びを得た人も!

また「コンサルの人も視聴者からネガティブなこと言われて不憫」といった声も多くあがっていました。

宮迫博之さんがカモにされているのか、そうでないのか・・・は議論がわかれるところですが、話題になっていることは間違いない模様!

今後の宮迫博之さんの焼肉屋「牛宮城」開店への進捗からも目が離せません!

合わせて読みたい:錦鯉が嫌いと言われる5つの理由!

error: Content is protected !!