ニュース

肌着禁止がキモすぎ!どこの学校でいつから?禁止理由は?教師が胸の成長を確認?

川崎の小学校で、女児が体育の時間に肌着や下着の着用を禁止されていたことが判明し、話題になっています。

中には、肌着着用の可否のため、女児の胸の成長を男性教師が確認するという信じがたい行為を行っていた学校まであった模様。

さらには、川崎市にとどまらず、同様の事例は全国各地でみられると言います。

そこで、女児の人権を無視した肌着禁止を行っているのはどこの学校なのか、禁止の理由は何なのかについてリサーチしました。

信じがたい言い分の数々に怒りがこみあげます・・・

体育での肌着着用禁止がキモすぎる!

スッキリで報じられたことで、大炎上している「小学校で体操服の下に肌着を着ることを禁止」するルール。

胸が膨らんだり、体の成長がみられる女児にも「裸の上に体操服」を強制するという人権無視の大暴挙です・・・

いや、胸の膨らみ関係なく肌着や下着の着用を学校が禁止するなんてあり得なさすぎる・・・(怒)

指摘の通り、学校による性的虐待ですね。

恥ずかしく、屈辱的な気持ちに苦しみながら耐えていた子どもの気持ちを考えるといたたまれません!

中には、運動会の写真で胸が透けてしまっていた女児もいるといいます。

楽しいはずの運動会が一生の傷になることがあっていいのでしょうか・・・

親にも知らされず、子どもがこっそり苦しんでいた・・・想像するだけで胸が苦しくなります・・・

子どもの人権を無視した暴挙にSNSには怒りの声が多数寄せられています・・・

肌着を禁止した学校はどこ?

川崎市の肌着禁止の学校に関する画像

この問題の発覚の発端となったのは、神奈川県川崎市。

川崎市には、114校もの公立小学校があります・・・

このうち、いくつの小学校でこの人権無視ルールがまかり通っていたのでしょうか(怒)

具体的な学校名までは公表されていませんが、公表されるとその学校に通う女子生徒が好奇の目にさらされると考えると、具体的な公表はないほうが良いのかもしれません。

なお、肌着禁止のルールを設けているのは川崎市だけにとどまらない模様・・・

肌着禁止の学校についての画像
  • 千葉県・船橋市
  • 滋賀県・守山市
  • 福岡県・福岡市

などでも児童への性的虐待と言わざるを得ないルールがまかり通っていることがわかりました。

千葉市の中学校では、下着の色まで指定する学校が49%もあるんだとか!

守っているかどうか教師が生徒の下着の色をチェックするのでしょうか(怒)

体育の時の肌着禁止はいつから?

肌着禁止はいつからかの解説画像体育の授業で肌着・下着を着ることを禁止するという人権無視ルールは、一体いつから始まったのでしょうか?

名古屋大学大学院の准教授で教育社会学が専門の内田良氏によると、「誰も経緯を知らない」というのだから驚きです・・・

肌着はなくてOKという古い学校文化が、そのままずるずると現代まで引き継がれているのではないか・・・というのが実情のようです。

子どもたちの心情よりも、「今までそうだったから」「変えると面倒だから」という意識が働いていることが透けて見えて怒りを禁じ得ません。。。

なぜ肌着禁止にするの?理由は?

学校が、体育の授業で肌着・下着を禁止する理由は何なのでしょうか?

理屈の通らない言い訳としか思えない4つの理由が述べられているようです・・・

  1. 体を丈夫にするため
  2. 皮膚の鍛錬のため
  3. 風邪をひくことを防ぐため
  4. 不衛生なため

肌着を着ないと体が丈夫になるっていうなら、先生方から率先して下着着用をやめていただきたいですね(怒)

皮膚の鍛錬って、どこの道場だよ。肌ってこすれると鍛えられるのでしょうか・・・

肌着を着ると風邪をひくという理屈も謎。汗を心配しているなら、着替えを持たせればいいだけなのではないでしょうか・・・

そして「不衛生」って・・・下着を不衛生、汚いものとみなす発想が汚いなって思ってしまいます・・・

肌着禁止は、大人になってもトラウマになっている方もいらっしゃるようです。

女児にとっても、男児にとっても人権無視としか思えないルール、早急に見直しが行われることが望まれますね。

error: Content is protected !!